トレードで稼いで自由な生活を手に入れる!

初心者からトレードでお金を稼ぎ続けるための情報発信ブログです。

NDD方式とDD方式の違い

NDD方式とDD方式の違いFX知識
NDD方式とDD方式の違い

NDD方式とは

No Dealing Desk(NDD方式)は、インターバンク直結型とも呼ばれ、ディーラーを介さずに顧客の発注を直接カバー先の金融機関に注文を出す取引方式です。NDDを採用しているFX業者は、複数の金融機関と提携し、カバー先の金融機関から貰うレートの中から、売値、買値それぞれのベストプライスを選択しスプレッド分を上乗せしてレート配信しています。カバー先の銀行が出すレートは、インターバンク市場のレートとほぼ同じになる事から、インターバンク直結型と呼ばれます。FX会社の利益は純粋にスプレッド差分のみで、顧客の注文をそのままカバー先の金融機関に流しているので、透明性の高い事が特徴です。
複数のカバー先の金融機関から売値、買値それぞれ最良のレートを選ぶので、売値と買値が逆転する事もあります。しかし、スプレッド差がFX会社の利益に直結するので、顧客へ掲示しているスプレッド差以上狭くなることはまずありえません。

 

DD方式とは

DD方式とは、ディーリングデスク(Dealing Desk)の略で、相対取引、つまり投資家とFXブローカーが1対1で取引を行う方式をいいます。DD方式と称する他にもOTC取引(相対取引)、MM(マーケットメーク)方式などといった呼び方があります。

DD方式では、投資家とFXブローカーは利益が相反する関係にあります。これはこの方式が投資家の注文をFXブローカーが一旦決済するからです。

当ブログは透明性の高いNDD方式のFX業者をおすすめしております。
私自身もJFXOANDAをメイン口座として日々トレードしております。

NDD方式のFX業者
OANDA JAPAN
JFX

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました